23区(特に都心部、城南地区)を中心としたエリアの注文建築・物件売買を専門とする不動産会社 インターディール株式会社

私たちインターディールは、23区(特に都心部、城南地区)を中心としたエリアの注文建築・物件売買を専門とする不動産会社です

私たちインターディールは、23区(特に都心部、城南地区)を中心としたエリアの注文建築・物件売買を専門とする不動産会社です

私たちインターディールは、23区(特に都心部、城南地区)を中心としたエリアの注文建築・物件売買を専門とする不動産会社です

  • 0422-27-1150
  • 9:30~21:00/定休日:水曜日・第一火曜日

構造と地盤 安心な家づくり

1 確かな安心を約束する堅固な構造

建物直下すべてをコンクリートで覆う『ベタ基礎』

建物直下すべてをコンクリートで覆うベタ基礎を採用。鉄筋コンクリートは、引張に強い鉄筋と、圧縮に強いコンクリートがお互いを補完しあって、強靭な耐力を発揮しています。しかし、コンクリートで鉄筋を十分に覆っていないと、腐食が起こり、徐々に鉄筋の強度が低下してしまいます。幅広の基礎により、安定して、土台より上部の木造部分を支えることができます。また、構造欠損のない基礎パッキン仕様にて、床下換気を確保しています。

建物直下すべてをコンクリートで覆う『ベタ基礎』

優れた耐震性

優れた耐震性

接合部に専用金物を使用するため、木材の断面欠損がほとんど無く、耐震性・耐久性に優れています。木材の継手に直接金物を使用しているため、接合部分の強度が従来の1.7倍、震度7クラスの地震にも十分耐えられます。木材の加工、金物の取り付けをすべてコンピュータ制御のプレカット工場で行っているため、精度が高く、品質が安定します。

地盤調査・地盤改良 流れ

第三者機関による全棟地盤調査を実施。

不動沈下の危険性は、地盤調査によって得られた数値データだけでは判断できません。数値はもちろん、立地条件・周辺環境・土質なども踏まえ、多方面から調査致します。

各調査データを総合的に解析し、該当建物と地盤にとって最適な基礎仕様を判定いたします。

この解析と判定は、地盤調査を行う会社とは別の第三者機関が行うことにより、安全性を確保したより適切な判定ができるようにしています。

 

解析の結果、軟弱地盤など不動沈下の危険性が認められた場合、基礎の補強工事や地盤改良工事を施します。

 

工事画像 住宅瑕疵保険

「住宅瑕疵担保履行法」に基づく保険法人として国土交通大臣より指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵保険の仕組み

住宅の瑕疵担保責任を履行するための資金確保措置の一つとして住宅瑕疵保険に加入しています。

万が一、倒産等により瑕疵の補修等が行うことができない場合には、お客様に直接保険金が支払われます。

保険の内容

■保険の対象

保険の対象となる部分は、住宅の中でも特に重要な部分である以下の部分です。

 

■お支払いする保険金の種類

(1)補修費用・損害賠償保険金事故を補修するために必要な材料費、労務費、その他の直接補修に要する費用

(2)事故調査費用保険金補修が必要な範囲、方法、金額を確定するための調査費用

(3)仮住まい費用保険金住宅の補修期間中に転居を余儀なくされた場合の宿泊もしくは住居賃借、転居費用

 

■保険期間

原則として、引渡し日より10年間となります。